人間ドックを受けると気に気をつけること

###Site Name###

人間ドックというのは、自分が健康な体なのか確認するための大切な検査です。

命に関わるような重大な病気が見つかる事が多く、毎年多くの方が受ける検査です。しかしながら、人間ドックを受けるときは、前日の生活に気をつけないと正しい検査結果を出すことはできません。そこで、ここでは人間ドックの結果の精度を高めるためのポイントをお教えします。

まずは、薬の服用について事前に確認しておく事が大事です。



というのは、日常で飲んでいる薬の影響で、検査の数値が変わってしまうからです。

たとえば、心臓病などで薬を服用されている方は、先生に薬を飲んでいることをあらかじめ報告しておくと良いです。

人間ドッグの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

もちろん、サプリメントは検査が終わるまで服用するのは控えてください。

また、前日の夜は過剰に食事をとらないことが大切です。


人間ドックの当日は、胃を検査するために朝食を抜かなければいけません。

胃の検査をするときには、前夜から十時間以上の絶食が必要です。
翌朝食べられないからといって、夜にたくさん食事をとるのはよくないことです。
なぜなら、夜中に食事をとると、血液検査や尿検査の結果が悪く出てしまうからです。



お腹がすきますが、普段の同じように夕食をとるように心がけてください。

そもそも人間ドックは、いつもの体の状態を調べることが目的です。


ですから、検査の直前だけ健康的な生活をしても、その後不健康な生活を送るのは意味がありません。

なるべくいつも通りの生活をして、体を検査してもらう事が大事です。